So-net無料ブログ作成

眠りたいSEの眠れないブログ

↑ フィード・ティッカーを使ってみましょう


サイクリングに関する内容はHiloker.netに移動しました。(古いものは、Hiroのサイクリング&写真記録庫
よろしければどうぞ。

まるで人間?コンピュータが人と間違えられる [PC関連の話題]

イギリスでコンピュータの「知能」をめぐるテストが行われて、ロシアのスーパーコンピュータが30%以上の確率で人間と間違われたというニュースがAFPBBで出ていました。
 

チューリングテストというのは、アラン・チューリングが発案したある機械が知能を持っているかどうかを判断するためのテスト。

1人がコンピュータ、1人が人間で応対をしながらどちらが人間でどちらがコンピュータかを当てるといったテストを行うんだそうです。そういった中で30%の人がコンピュータに人間ぽさを感じたということだから、かなり人間ぽいリアクションをするんでしょうね。

 画面を見る限りでは、チャットしているので、その中で判断しているのでしょうね。

しかし、どんな会話をしていたんでしょうか?

ギャグとか、ユーモアのセンスなんかもあったりしたら面白いのに・・・なんて思ったりします。

私も一応IT業界で働いているので、ちょっと興味がわいているのが、ここでは、スーパーコンピュータを主語にしているんですけど今回の「知能」はソフトウェアに起因するのか、それとも「ハードウェア」に起因するのかというところです。

普通に考えれソフトウェアなのかなぁと思うのですが、記事では「ロシアのスーパーコンピュータ」とありましたので、もしかしてハードウェアのアーキテクチャもAI向けに最適化されているのかなぁ等と思ってしまいます。

ちなみに、GIZMODO の記事を見ると、会話だけに特化したアプリケーションらしいとのこと・・。ソフトウェアに起因しているのであれば、スピードはともかく僕らのPCでも動くのかもしれませんね。

日本語でもいつかできるといいなぁなんて思ったりします。

いつになるのかなぁ・・・

そんな日を楽しみにしたいと思います。ではまた。

 


(関連記事)


世界初! コンピュータプログラムがチューリングテストに合格 : ギズモード・ジャパン


nice!(13)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 5

夏炉冬扇

こんばんは。
アナログがいいです。
ひんやりしてます、今日は。
by 夏炉冬扇 (2014-06-11 21:10) 

ぽちの輔

ソフトで巧みな判断させてるのでしょうか。
それができるのもハードの処理能力が高いから?
by ぽちの輔 (2014-06-12 11:55) 

yoshida

チューリングテスト自体はけっこう昔から行われていて、人によっては見知らぬ機械に好意を持つこともあったそうです。チャットだけで相手の人物像を思い描くところなんか、BBS全盛時代のネット恋愛を思い出します。


by yoshida (2014-06-12 17:18) 

yayu-chang

鉄腕アトムのように心の優しいロボット作りも夢ではなくなりつつあるってことになりますね^^
アンドリューNDR114って映画を思い出しました。
by yayu-chang (2014-06-14 09:01) 

Hiloyan

> 夏炉冬扇 さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
コンピュータでこれは怖いかもですね。
こちらは今日の最高気温29℃。蒸し暑くなりそうです。

>ぽちの輔さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
昔人口無脳っていうのがそんなに難しいプログラムでもないのに、教えていくとだんだんそれっぽい会話が出来るようになるものがありましたね。なんかBBS(パソコン通信)っぽい感じのインタフェースだった感じでした。

>yoshidaさん
こんにちは。コメントありがとうございます。
昔、上記の人口無脳を人間と間違えたんでしょうね。
相談事をし始めてしまう人までいたということを聞いたことがあります。噂レベルなので真偽のほどは?ですが・・・。

>yayu-chang さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
ロボットにつながるまではいろいろと関門があるように思います。
ただ、30%の人が人間と間違えちゃうようなものを作れているのですから、夢ではないのかもしれませんね。
いつ見れるのでしょうか・・・。

by Hiloyan (2014-06-15 11:01) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。